2010年09月10日

VTの場所(LATITUDE D620)

VMware server 1.0.1上でWindows 2008 serverをインストールしようとすると以下のメッセージが表示されました。

-------------------------------------------------------------------------------
This CPU is VT-capable, but VT is not enabled (check your BIOS settings).
You have configured this virtual machine as a 64-bit guest operating system. However, this host's CPU is not capable of running 64-bit virtual machines or this virtual machine has 64-bit support disabled.
For more detailed information, see http://www.vmware.com/info?id=152

-------------------------------------------------------------------------------

メッセージから、VTが有効になっていないとのこと。
環境は:LATITUDE D620,XP(SP3)

ちょっと探すのに手間取りましたが、でVTの場所は以下の通り。

@PCの再起動。
A「F2」押下。

POST Behavior
-Virtualization
デフォルト=OFF
Benableにし、保存して終了!

いざ、VMware起動!

無事インストールが開始されました!目

ADも仮想化する場合のMicrosoftの推奨は「Hiper-V」です。




posted by ゴールデンアロー at 18:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | vmware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Processor Check for 64-Bit Compatibility

「Processor Check for 64-Bit Compatibility」で64-bit Guest OSが利用可能かチェックできます。

「公式サイト」
http://downloads.vmware.com/d/details/processor_check_5_5_dt/dCpiQGhkYmRAZQ

posted by ゴールデンアロー at 17:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | vmware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

Windows XP homeでVmware

Windows XPのhomeエディションでVmware Serverをリモートアクセスしようとして、つまらない所で軽くはまったので、備忘録としてまとめます。

まず、XPのhomeエディションにVmware(version1.0.9)をインストールして、リモートのXP Professionalでリモート接続した場合に、remote consoleが起動できない現象が発生。モバQ

切り分けとして、
XP→home=×
home→XP=

どうやら、homeエディションならではの問題でありそう。
XPからhomeに「telnet <アドレス> 902」で接続可能。
もちろん、FWも無効にしています。

これで、残るは、アカウントの問題。
エラー内容はユーザー名とパスワードに関するもの。

VMwareでリモートアクセスする場合は、VMwareをインストールした端末のユーザ名とパスワードが必要となります。今回はもちろんパスワードが設定されています。

もしやと思って、homeエディションでユーザー名を変更するコマンドを実行。

----------------------------------------
>control userpasswords2
----------------------------------------
ちなみに、2を入力しないと、コントロールパネルの「ユーザーアカウント」で展開した画面が表示されます。

無題.JPG


コマンド実行後の画面でログオンしているユーザー名を選択して、「プロパティ」をクリックします。

ここで、私が失敗した理由として、ユーザー名はPCセットアップ時に日本語を入力していました。これを、英数字に変更します。以下の赤丸部分です。

無題.JPG


例えば、上の例だと「太郎」→「taro」にします。
変更後は再起動が必要です。ぴかぴか(新しい)

再起動後、VMwareを起動し、「Remote host」を選択し、VMwareをリモートから起動したい端末で、本環境では以下の値を入力することで問題なくログオンできます。
「Host name」=端末のアドレス
「User name」=taro
「Password」=password

無題.JPG


普段会社ではXP proしかさわらないので、こんなとこでもはまります。
実機はどんどん触るべしですね。ぴかぴか(新しい)









激安メガネ通販のメガネワールド

posted by ゴールデンアロー at 17:01| 東京 ☀| Comment(0) | vmware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。