2010年01月02日

SWATのインストール

SambaをWEBブラウザで管理できる「SWAT」のインストールをしてみました。目
Sambaサービスの起動や、アクセス制限などGUIで操作できるのでとても便利です。るんるん

使用したOSは「CentOS 5.3」です。
ルート権限で実施しています。

@「rpm -qa | grep swat」で、必要なパッケージがインストールされているか確認します。何もインストールされていない場合はパッケージのインストールが必要です。
------------------------------------------------------------
[root@samba ~]# rpm -qa | grep swat

------------------------------------------------------------

A今回、インストールされていなかったので、パッケージのインストールを実施。

------------------------------------------------------------
[root@samba ~]# yum install samba-swat
Loaded plugins: fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: mirror.nus.edu.sg
* updates: mirror.nus.edu.sg
* addons: mirror.nus.edu.sg
         ・
         ・
         ・
Total download size: 39 M
Is this ok [y/N]: y ←「y」を入力。
Downloading Packages:
(1/4): samba-client-3.0.33-3.15.el5_4.1.i386.rpm | 5.7 MB 00:06
(2/4): samba-swat-3.0.33-3.15.el5_4.1.i386.rpm | 8.2 MB 00:09
(3/4): samba-common-3.0.33-3.15.el5_4.1.i386.rpm | 8.7 MB 00:09
(4/4): samba-3.0.33-3.15.el5_4.1.i386.rpm | 16 MB 00:18
         ・
         ・
         ・
Importing GPG key 0xE8562897 "CentOS-5 Key (CentOS 5 Official Signing Key) " from /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5
Is this ok [y/N]: y ←「y」を入力。
Running rpm_check_debug
Running Transaction Test
Finished Transaction Test
         ・
         ・
         ・
Installed: samba-swat.i386 0:3.0.33-3.15.el5_4.1
Updated: samba.i386 0:3.0.33-3.15.el5_4.1 samba-client.i386 0:3.0.33-3.15.el5_4.1 samba-common.i386 0:3.0.33-3.15.el5_4.1
Complete!   ←この表示で完了です。
------------------------------------------------------------

A続いて、「ntsysv」を入力します
------------------------------------------------------------
[root@samba ~]# ntsysv
------------------------------------------------------------

B以下の画面が表示されますので「swat」を選択し、「ok」をクリック。
10.JPG


CSWATをインストールしたサーバ以外からアクセスし、管理したい場合は以下の設定を実施します。
------------------------------------------------------------
[root@Samba ~]# vi /etc/xinetd.d/swat
# default: off
# description: SWAT is the Samba Web Admin Tool. Use swat \
# to configure your Samba server. To use SWAT, \
# connect to port 901 with your favorite web browser.
service swat
{
disable = no
port = 901
socket_type = stream
wait = no
only_from = 127.0.0.1 192.168.1.0/24 ※1
user = root
server = /usr/sbin/swat
log_on_failure += USERID
}
------------------------------------------------------------
※1初期設定は「127.0.0.1」でローカルサーバのみアクセスできます。スペースをあけて、アクセス許可したいアドレスを指定します。
使用ポートは環境に応じて変更します。

D設定後、「xinetd」を再起動します。
------------------------------------------------------------
[root@Samba ~]# /etc/init.d/xinetd restart
xinetd を停止中: [ OK ]
xinetd を起動中: [ OK ]
------------------------------------------------------------

ここまでで、「http://サーバアドレス:901」でアクセスできることを確認します。

@IEなどのWEBブラウザを開きます。
Aアドレスバーに「http://サーバアドレス:901」を入力。
B認証画面が表示されますので、接続先サーバのユーザ名とパスワードを入力します。
無題.JPG


C認証に成功すると以下の画面が表示されます。
無題.JPG


以上で、SWATのインストール手順は終了です。
設定項目は色々ありますので、別でアップします。ぴかぴか(新しい)





弁護士との連携により、「正攻法」でお客様の悩みを解決します【誹謗中傷対策相談所】




posted by ゴールデンアロー at 23:42| 東京 ☀| Comment(0) | Samba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

初めてのsamba設定

先日からOpenLDAPの動作検証をしているのですが、なんとか認証までいったもののまとめるのと、認証時の暗号化など色々まとまらないので、少し脱線して、samba構築。ぴかぴか(新しい)
OSはCentos5.3

お世話になったサイトひらめき

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/samba/whatissamba01/whatissamba.html

上記サイトを参考に、

# rpm -qa | grep samba
samba-common-3.0.33-3.7el5
samba-client-3.0.33-3.7el5
samba-3.0.33-3.7el5

インストールされています。次は「smb.conf」
サイトと場所が違い、以下の場所にありました。
/etc/smb/smb.conf

で、早速編集。
vi /etc/smb/smb.conf

-----------以下エディタ-------------------

[global]
  workgroup = WORKGROUP
  encrypt passwords = Yes
  security = user
  client code page = 932
  coding system = euc


[test]
  comment = テスト共有フォルダ
  path = /home/test
  read only = No
browseable = Yes
:wq!で上書き保存
------------------------------------------

続いて、samba起動。「nmbd」がありませんでした。

# /etc/rc.d/init.d/smbd start

ユーザはOpenldapで作っていたので、ユーザ登録のみ。

# smbpasswd -a ldapuser
New SMB password:*******
Retype new SMB password:*******
Added user ldapuser
Password changed for user ldapuser.

で、いざWindowsXPでアクセス。グッド(上向き矢印)
アクセスできました。ぴかぴか(新しい)
でも、フォルダを開こうとすると、アクセスエラーが。。
centos側を見てみると、フォルダがない。。
実際になくても、見えるのですね。あせあせ(飛び散る汗)

centos側でhome/testフォルダを作成し、無事作業完了。グッド(上向き矢印)
とりあえず、最初の一歩は踏めました。少し感動です。

そーいえば、会社の後輩がレーシック手術をしてましたが、自分が怖くてできません。年取ってからなんかあったらと思うと。。










posted by ゴールデンアロー at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | Samba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。